Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Google+ Icon

Phone: 080-3509-1066

Email: amya@vigorjapan.org

Sponsorship

    Our sponsors

We are extremely grateful for the support we have received from our sponsors over the years. 

 

Rio Tinto Japan has supported our preschool outreach program for the academic year of 2015, making monthly visits to five preschools in Rikuzentakata and Ofunato (Iwate) possible.  Thank you for making this a reality.

 

We are also grateful to Onizaki Corporation of Kumamoto who has supported us since the beginning.  Vigor Japan's presence would not be if it weren't for the support given by Onizaki Corporation.

 

We are proud to support Yu Kanamaru, a young Japanese race car driver competing in Europe and Asia.  Yu has volunteered in Rikuzentakata and has helped to spread the word about the disaster regions in Japan.  We will continue supporting Japan's youth in as many ways we can.

東日本大震災後様々な組織から支援をいただきました。

リオティントジャパンからは毎月陸前高田市と大船渡市の保育園を周り、「おばちゃんと英語で遊ぼう」イベントを開催するための資金をいただきました。

また、熊本市のオニザキコーポレーションからはここ6年間活動するためのあらゆる援助をいただいております。

スポンサーの皆様には心から御礼申し上げます。

ヴィガージャパンでは日本のカーレーサーの金丸悠くんを応援しています。海外で日本を必死にPRしているこの日本の青年は一人で何ができるかを証明してくれるとても良いモデルだと思っております。頑張れ、悠!

who we sponsor

金丸 ユウ

Yu Kanamaru 

13/5/1994 22歳

身長:175cm

体重:65kg

趣味:フットサル、サッカー、写真。

 

4歳の頃からカートを始め日本のジュニアカテゴリーでは圧倒的な強さを見せ13歳で一人で渡欧しスイスのアメリカンスクールに入学。

その後6年間ヨーロッパにてカートの世界選手権などを経験し、2009年にはWSKインターナショナルシリーズKF2クラス第6戦にて日本人初優勝。そして2011年には世界選手権最高峰のKF1クラスにて日本人史上初優勝。

翌年からフォーミュラにステップアップし、現在はF1直下のFormula3.5 V8(前フォーミュラールノー3.5)にて活躍中。

 

 

Yu Kanamaru

Born on May 13, 1994.  Age 22.

Height:  175cm

Weight:  65kg

Hobbies:  Football, Futsal, Photography

 

Starting racing at age four.  Showed incredible power in the junior category.  Started attending an American school in Switzerland at age 13.  Participated in the kart world championships in Europe for six years.  The first Japanese to win the WSK International Series KF2 class in 2009.  Won the KF1 class at the world championships in 2011, again as the first Japanese to ever win in this series.